風俗店の業種紹介

※池袋の風俗街に頻繁に出没する男が管理人をしています。

ヘルス

ファッションヘルスとは、ヘルス嬢と呼ばれる女の子が、男性に対して抜くまでを行う場所。
抜くまでというのを具体的に言うと、キスや体をなめるのは基本OK。
もちろん触るのもOK。
フェラやシックスナイン、素股もすることができる。

アナルなめや全身リップも基本的にはOKなのだが、女の子によって、店によってはNGなこともある。
挿入は禁止だ。

抜き方としては、フェラや素股、手コキが一般的だ。

こちらの池袋ヘルス「トマトなび」などが有名どころですね。

風営法の関係上、店舗型のファッションヘルスは新たに出店することが難しくなっている。

そのことから、現在あるファッションヘルス店は、昔からの老舗店舗が多い。

 

そのため、現在増えている店舗がデリバリーヘルスである。
これは、店舗を構えることなく、ホテルや自宅にデリヘル嬢が出向き、ファッションヘルスと同様のサービスをする形態だ。
派遣型の風俗であると思って良い。

デリバリーヘルスに関しては、決められた手続きを行うことによって、新規出店が可能だ。
しかも、店舗を用意する必要がないので、低予算で開業することができるのである。

そのため、お店の数も非常に多く、女の子も多い。

男性にとっては、お気に入りのお店、女の子を探すことができる風俗店であると言える。

こちらの池袋の風俗求人をみても、ヘルスよりデリヘルが圧倒的に多いのが分かる。

店舗型ヘルスが比較的多いといわれる池袋にしても、やはりデリバリーヘルスが主流なのだ。

性感ヘルス

性感ヘルスとは、基本的にはファッションヘルスと同じようなサービスを受けられる店なのだが、性感ヘルスの場合にはプレイの一つ一つが濃厚でゆっくりと堪能することができるというのが特徴である。
基本的には舌使いをしっかり行っている。

ファッションヘルスやデリヘルなどが、攻め、受けの両方で、イメクラではお客さんが攻め、女の子が受けを行うという設定が多いのに対し、性感ヘルスではお客さんが受けで女の子が攻めるという場合が多い。

昔はイメクラと同じく多数あった風俗店だったのだが、店舗型ということで、風営法的に問題が生じてしまった。
そのため、正規の許可と取っていなかった店は営業を継続することが困難になり、多くの店舗がデリヘルやホテヘルへと変更せざるをえなくなった。

今現在、性感ヘルスと大々的にうたっているお店は少なくなったが、合法的に営業することができるホテル性感として、濃厚さをウリとしているお店は存在している。

また、M性感というジャンルもあり、そういったお店ではMな男性向けのお店となっており、女の子はなめることもせず脱ぎもしないことが多い。

M性感とうたっていても、性感ヘルスとして女の子が舐める脱ぐといったサービスを行う店もあったりするので、どのようなサービスが行われているのかは、事前に確認しておいた方が良い。

サービス内容による業種表示が分かりやすいサイトとして池袋の風俗タイムスを紹介しておこう。

マイナー風俗店

マイナー風俗店は割といろいろな種類があり、ここではいくつかを簡単に紹介する。

1つ目はのぞき部屋だ。

これは、女の子が踊っているところをマジックミラー越しにのぞき見することができるというお店である。
別料金を支払うことで、違う女の子が手や口でサービスしてくれるということもできる。

2つ目はランジェリーパブで、略称はランパブである。
これは、ランジェリー要するに下着姿の女の子と楽しくお酒を飲むことができる場所だ。
これは店によってはひざの上にのって踊るテーブルダンスというものをサービスしている店もある。

3つ目はストリップだ。
これは、女の子が舞台で踊っている所を鑑賞することができる店だ。
昔よりも、現在はエロさが減少し、ショー的な要素が増えている所が多い。
また、別料金を支払うことで、個室で抜いてくれるというサービスも存在する。

他にも最近人気になったのがチャットやテレフォンエッチだ。

これはお店という形態ではないが、女の子にオナニー姿を見せる、または見せあうことができる。
もしくは女の子の姿を画面を通してみることができるものだ。

家にいながらにして、好きな女の子をリアルタイムで見ることができ、女の子と直接会話しながらオナニーすることができる。
近年スマートフォンでもできるようになった。

  • 2014年7月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031